業務用チャーシューで原価が明確に!

業務用チャーシューの通販でお悩みも解決!

業務用チャーシューで原価明確

ラーメン屋の経営をやっていく上で一番重要になるのが原価管理です。以外に原価管理ができず繁盛しているのに儲かっていない・・・
というラーメン屋さんも多いんです。でも、業務用チャーシューを仕入れると原価が仕入れ原価で算出できて管理がラクラクですよ!


ラーメン一杯に使うチャーシューの原価がラーメンの中ではかなりの割合を占めます。そのチャーシュ一枚あたりの原価が明確かどうかも利益確保には重要な要素になります。店舗でチャーシューを仕込んだ場合、チャーシュー一枚がどれくらいの原価になるかが明確にわからず、杯数は出ているのに意外に儲かっていないというケースも多いんです。でも、業務用チャーシューを使えば、チャーシューの仕入れ原価で全て算出できるのです!


もし、店舗でチャーシューを仕込んでいたら、チャーシューのタレのコスト、職人さんの人件費、チャーシューを煮込むガス代などの光熱費も考えなければならないんです。さらに、ロスの計算までしないとチャーシューの原価を算出するのは難しんです。でも、業務用チャーシューなら、そんなお悩みも解決するからラーメン屋経営もバッチリ安定するんですよ!


スライスタイプの業務用チャーシューであれば、一枚一枚スライスされているので原価管理が相当ラクですが、原木タイプの業務用チャーシューであればカットする際に何ミリにするかやグラム数を管理することが大切です。カットの厚みやグラム数が変わるとラーメン一杯あたりの原価率も変わってしまうので、原木タイプの業務用チャーシューを使う時には気を付けましょう!

スライスタイプの業務用チャーシューであれば、一枚一枚スライスされているので原価管理が相当ラクですが、原木タイプの業務用チャーシューであればカットする際に何ミリにするかやグラム数を管理することが大切です。カットの厚みやグラム数が変わるとラーメン一杯あたりの原価率も変わってしまうので、原木タイプの業務用チャーシューを使う時には気を付けましょう!


インターネット以外でのご注文